夏の肌荒れに悩む女性の様子

夏の肌荒れの原因が汗と皮脂では無い!?夏ニキビの原因と予防方法を紹介

「夏になってニキビが止まらない」

「汗のせいで肌荒れがどんどんできる」

今からの季節このような悩みを抱える人が急増してきます。
この記事を読んでいると言うことことは、そんなあなたもそんな一人なのでしょう。

そこで今回は、夏に肌荒れが起こる原因と肌荒れの予防、直し方を紹介していきます。

今からならまだ全然夏までに間に合いますので、是非参考にしてください。

夏には肌荒れの原因が多い

夏のひまわりの写真
YUSEI
夏には肌荒れする原因がとても多いと言うことを覚えておきましょう。

まずは誰でも知っているであろう「」と「脂質」。

そしてあまり知られていない「乾燥」です。

特にこの乾燥が1番の原因で肌荒れを作り出している可能性が大きいかもしれません。

夏は気温が高く汗が出てきます。

その場合冷房がかかっている部屋や建物に入る事が増えるはずです。

その空調が効いた部屋は、冬よりも乾燥しているので1番危険な場所なのです。

夏の肌荒れの原因1.汗と皮脂

王道の原因として、脂質があります。

春や秋、冬に比べてどのくらい汗と脂質がでるかをご覧ください。

  • 夏の発汗‥春秋の1.3倍 冬の1.8倍
  • 夏の皮脂分泌量‥春秋の1.3倍 冬の2.1倍
YUSEI
他の季節に対してこれほど差が出てしまいます。

発汗皮脂分泌量が他よりも多いせいで、毛穴に汚れがたまりやすいのです。

さらに毛穴に詰まった汚れが参加して雑菌が繁殖しやすいので、ニキビなどの肌荒れが起こりやすいのです。

夏の肌荒れの原因2.乾燥

先ほど少し感じたように夏こそ乾燥に気をつけなければいけません。

近年の夏は暑いので、外にいたとしても冷房の効いているお店などにいく機会は必ずありますよね。
YUSEI
それが1番危険なのです。

結論から言うと、乾燥した所にいた場合「肌の水分が失われると同時に皮脂の過剰分泌が起こります

皮脂は肌から水分が逃げるのを防止するために分泌します。

なので空調により肌の水分が急激に無くなるので、皮脂も焦って爆発的に分泌されるのです。

夏のサイクル

これまで伝えてきた内容をまとめてみましょう。

外に出る【発汗.皮脂分泌】→冷房の効いた部屋に入る【乾燥.皮脂の過剰分泌】→外に出る【発汗.皮脂分泌

といったように、ほとんどの方がこのサイクルを繰り返しているのです。

1度考えてみてください。

YUSEI
このサイクルを繰り返す事で、毛穴にどんどん汚れが溜まってきますし、さらに暑さと湿気でこの汚れが酸化されたと思うとゾッとしますよね。

夏の肌荒れの原因3.日焼け止め

夏の日焼け止めは肌を守るための必須アイテムです。

紫外線は皮膚そのものの水分を奪ったり、肌のバリア機能の低下、活性酸素を発生させてしまい肌を酸化促進、アクネ菌の増殖などと肌荒れの原因になる要素をほとんど含んでいます。

YUSEI
なので日焼け止めは肌を守ための大事なアイテムなので必ず使用しましょう。

ですが

この日焼け止めの使用をきちんと考えましょう。

日焼け止めはきちんと落とす

近年は、汗にも強いウォータープルーフタイプのアイテムが人気です。

汗の約99%は水分でできています。

なのでこの日焼け止めを落とすときに落ちにくいのが現状なのです。

YUSEI
きちんとリムーバークレンジングなどで綺麗に落としましょう。
もし日焼け止めをきちんと落としきれなくて溜まっていくと、汚れがどんどんと蓄積されます。

結果、肌荒れとして出てきてしまうのです。

肌荒れの予防と改善方法はスキンケア

スキンケア後にお肌のチェックをする女性

ここまでは、夏に肌荒れができる原因を紹介してきました。

YUSEI
ではどのように予防をすれば良いのでしょうか。
1番に意識しなければいけないのがまず「スキンケア」です。

他にも食生活や睡眠などの生活習慣も大事ですが、肌に汚れが溜まっていたら元も子もありません。

なのでまず最初にスキンケアだけに視点をおきましょう。

洗顔

朝起きた時や夜寝る前には必ず洗顔をしましょう。

YUSEI
ゴシゴシと勢いよく肌を洗うのではなく、泡だけで洗うようにするのが基本中の基本です。

その後きちんと「ぬるま湯」で泡を落としきる事が大事になります。

化粧水

洗顔をした後は肌に水分がなく乾燥している状態です。

なので肌に潤いを取り戻すために化粧水を塗っていきます。

化粧水の前に肌を冷やして塗る人もいましたが、それはしないようにしましょう。
YUSEI
冷やしたい場合は、化粧水を冷やして肌に塗ることをオススメします。

乳液

乳液はベタベタするので夏には塗らないと言う人が多くいます。

ですが、絶対に乳液は塗るようにしましょう。

夏は気温が高いので肌の水分が一瞬にして失われます。
YUSEI
ですが乳液を塗ることで肌に水分を閉じ込めてくれるので、きちんと塗りましょう。

スキンケアを意識したら生活習慣を見直す

スキンケアをきちんとしたら、次は生活習慣を見直しましょう。

バランスの良い食事質の良い睡眠をするだけで、肌の質もハリも変わってきます。

まとめ

今回は、夏の肌荒れの原因と予防を紹介してきました。

夏はイベントが多くて楽しみが多い季節です。

肌荒れがあるのと無いのとでモチベーションも変わってきます。

YUSEI
なのでこの記事を参考にして、綺麗な肌を手に入れてください。

少しでもあなたの参考になれたら嬉しいです。

ありがとうございました。

夏の肌荒れに悩む女性の様子
最新情報をチェックしよう!